So-net無料ブログ作成
検索選択

父の日

父が亡くなって19年になる。

98年7月で79歳になって、自宅近くの大阪警察
病院で、脳腫瘍手術のあと数週間元気でおしゃべり
もして前日バイバイ明日ね~と手を振った翌朝、
付き添いさんからの電話で駆け付けた時には、もう
亡くなっていた。

あまりのショックで立ち直れなかったけれど、
「男の平均寿命まで生きたから、いいじゃないか」
と言う息子の言葉で父の死を納得する事が出来ました。

父の日が来る度に、会社員であった父に送るネクタイ
を今だにお店の前で目で追ってしまいます。

叶わぬことだけど、父に会いたい。

塩ラーメン。美味しかった。
CIMG3974.jpg
nice!(27)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 27

コメント 6

ぽちの輔

私もスーパーで
「これ、長男君が食べるねぇ」
って見てしまいますね^^;
by ぽちの輔 (2017-06-18 07:18) 

yumibaba

ぽちの輔さま
いつまでも思うよねえ。
仕方がないけれど、、。
by yumibaba (2017-06-18 07:35) 

いっぷく

私は父にいい思い出はありませんが
それでも亡くなって43回忌過ぎたのに
喪失感があります。
どんなバカ親でも親は親であり
人格は否定しても思いは否定できない複雑な心境です。
by いっぷく (2017-06-18 08:40) 

yumibaba

いっぷくさま
いろんな育てられ方をした人がいるんだと
今さらながら思います。
想像を超えた事なので、理解できなくて、
申し訳ありません。
by yumibaba (2017-06-18 09:15) 

takenoko

私が家にいた高校時代までしか父としゃべったことがありません。もっと頻繁に帰省すればよかったと思っています。亡くなって27年経ちました。
by takenoko (2017-06-18 20:20) 

yumibaba

takenokoさま
どこも男親って、そんなものの様ですよ。
それでいいのかも知れません。
母親を通してしか、子供の情報が入って
来ないのよね。
by yumibaba (2017-06-19 05:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: